blg_ttl_21.png

創邦21同人
(五十音順)

  • 今藤 長龍郎
  • 今藤 政貴
  • 今藤 政太郎
  • 今藤 美治郎
  • 金子 泰
  • 杵屋 淨貢
  • 清元 栄吉
  • 福原 徹
  • 松永 忠一郎
  • 米川 敏子

新コンテンツ登場
毎月更新!

2020年10月23日
第17回作品演奏会

thumnail

2020年3月11日
第12回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2019年2月21日
第10回創邦21公開講座
「創作のキモ」

/a>

2017年11月8日
第15回作品演奏会

2017_soho21.jpg

2017年7月21日
第8回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_2017.jpg

2016年11月8日
第14回作品演奏会

創邦21チラシ

2016年6月22日
第7回創邦21公開講座
「創作のキモ」

創作のキモ_2016

2015年11月5日
第13回作品演奏会

omote_01.jpg

2015年8月17日
第6回創邦21公開講座
「創作のキモ」

bunner_kimo_201508.jpg

2015年1月7日
第5回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2015_kimo.jpg

2014年10月8日
第12回作品演奏会

チラシ

> リレートーク トップページ

リレートーク24走目

2020.07.14 Tuesday

我ガ「こころの故郷」ハ粥ノ一椀ニ在リ――

いっそ漢字を連ねて返り点でも打ちたい心持になってきますが、
実家が禅宗の寺であるためか、病気の時に食べるものとしてではなく、日常的にお粥に接して来ました。
寒いからお粥がいいねと言い、暑いときの朝ごはんはお粥が一番だと言い、また何でもなくても「今日はお粥食べたいねえ」、
…なんていうのは、どうもあまり一般的ではないんですってね。

お粥というのは、何かの片手間で「弱火でコトコト」煮るものではなく、ずっとその傍について細かく様子を見ながら一気に炊き上げていくものだと思っています。
鍋釜から噴出さぬ程度に弱めた火と頃合いの水分とで粥の粘度と光沢とを出していき、完成形の少し手前で火を止め、蓋を閉めて蒸らす。
ケでありながらどこかハレでもある、とさえ思わせるもの。

実家の寺で行われた何かの会のときに見たことが、心に残っています。普段事もなげに美味しい精進料理をばんばん作っている典座役の方が、早朝、新しい〈くど〉を前にして
「実はオレは〈くど〉で粥を炊いたことがない。しかしこれはこの会の典座として〈くど〉のためにも失敗するわけにはいかない」
と、細心の注意を払いに払って、実に見事なお粥を炊かれた。そして供された時、「これはすごい」と、お坊さんたち皆々感嘆し感動しながら、あっという間に平らげていた。
そんな光景、また昔の記憶を思い出すにつけ、また今も何かとつい炊いてしまうことからも、「粥ノ一椀ニ在リ」と言いたくなるわけです。

昨今は、私は白粥よりも鶏肉を入れた鶏粥を好んでおります。
米を研ぐ。水は米の5倍くらい。
一緒に鶏肉も入れて浸水後、そのまま強火で炊き始めます。
沸騰して吹きこぼれそうになったら少し火を弱め、水が少なそうだったら水をさし、あまりかき回さない。泡の具合が変わり、上側の水分が白濁してややもったりして、もういいかな、ちょっと早いかなという頃を見極め、蓋をして強火にして数秒、火を止めて蒸らします。

こんなかんじ。

朱のお椀に盛るとそれらしく見えますが、これは鶏入り。お味噌がよく合います。
ぜひ一度お試しになってみてください。


さて、次は今藤美治郎さんにご登場いただきます!
繊細な色彩感覚をお持ちの美治郎さんには、
「御自身も入れた創邦同人を色に喩えてください。その理由も少し教えてください」
でお願いいたします。

金子 泰

  • カテゴリー:金子 泰
  • 2020年07月14日(火) 21:01
  • -

リレートーク 17走目

2020.05.11 Monday

美治郎さんの貼られた画像に見とれています。
遠く輝く月。その下には、貴人の袖を翻したような藤の花房。
そして「詞の作り方を」というご質問。

……むむ?
「もう5月も半ばだけど、秋の本会で発表する『融』の歌詞はどうなっているの?」という裏メッセージの気配がする(深読みし過ぎ?)。
その『融』を引き合いに出しつつ、我流無手勝流で恐縮ですがお話させていただきます。

歌詞のことばを書き出す前に、
・題材を決める(古典の何かか、オリジナルか)、と同時に焦点を考える
・どういう性質、テイストで行くか、と同時にことばの時代感を考える
・歌詞の構成(話の流れ)
を決めます。

『融』でいえば、花鳥風月の「月」をテーマにしたものと最初から決まっていたのと、他の曲を見渡して、一つは能由来のものがあってもよさそうだったのとで、この題材にしました。
お能の『融』は、昔、源融(みなもとのとおる)が自邸である京都六条河原院に陸奥の塩竈をうつして塩を焼いていた話を基にして、知らずにその廃墟に来た僧の前に融が現れるというものです。「月もはや 出汐になりて」で始まり「月もはや 影かたぶきて」と終わる曲です。

金子 世阿弥.jpg
見ていると時間がどんどん経ちます

『融』のように古典作品を下敷きにする場合、その世界を借りながら、どう読み替え・作り替えて、演奏の編成のことも想像しつつどのような邦楽にするかを考えます。下敷きのものがない時も然り。
どのような邦楽、というのは、唄ものなのか、筋のあるものなのか、新しみをどのくらい入れるか、みたいなところです。
作曲者と相談してみたりもします。

その上でいよいよことばを書き始めますが、ワードからセンテンスへ、パラグラフへ、とことばの繋がったところから始めることが多いです。
ちょうど、ジグソーパズルで四隅を決めたら、ここかな?と思ったピースから置いてみるようなものです。
それを見てあらかた予想がついたら、頭から書き出します。もちろん、書き出してみて、これはつまらないなと思ってやり直すことも多々あります。

歌詞は曲(音楽)がついてこそのものなので、ことばを尽くして思いの丈を書き連ねるというより、文字数と音も考えつつ、ことばの一つ一つの喚起力を大事にして簡潔に表すように、音楽にも十分にうたってもらえるようにと思っていますが、これがなかなか難しい(から面白いとも言えます)。
ちなみに、現在『融』は、頭から書き始めているところです。遅くなっておりますが…いやこれは決して“蕎麦屋の出前”ではありません!

現代の楽曲でも一回聴いただけで全部の歌詞が聞き取れるわけではないので、まして古語交じりの邦楽の歌詞が全部聞き取ってもらえるとは思いません。どこか引っかかるところがあればとは願っています。

こんなところですが、どうもパッとしない話でお粗末様です。

さて気をかえて、今藤政太郎同人に繋ぎます!
『勧進帳』は、長唄であれ歌舞伎であれ、これまで数えきれないほど演奏され、御覧になってきたと思いますが、三人の主要人物―弁慶、富樫、義経―の中で、政太郎先生が最も肩入れしてしまうのは誰ですか? どういうところが?そしてそれは曲の解釈や演奏にも反映していましたか?

金子 泰
  • カテゴリー:金子 泰
  • 2020年05月11日(月) 11:30
  • -

リレートーク

2020.04.16 Thursday

先月末に始めたリレートークが、2週間ちょっとで一周しました!
この企画、もちろんブログを読んでくださっている皆さんに向けた発信ではあるのですが、
実のところ、私自身がそれぞれの家にいる同人たちと離れていながら繋がりたかったので始めたのでした。
皆々様ありがとうございます。

 

私もずっと家におります。
感染しないように、させないように、、どんどん大変なことになっているという医療現場に少しでも負担をかけないように、という気持ちです。
「今日の新規感染者数」は、それが全てではないようですよね。
現状どこまでどうなっているのか、ニュースなど見るのですがよくわかりません。が、以前より救急車の音が頻繁に聞こえてくるのは確かです。

 

ひと月ほど前に話題になったマンゾーニの「いいなづけ」が、うちの本棚の隅の方に上中下巻揃っているのに、数日前気付きました。イタリアの高校の校長先生が休校前に生徒たちに薦めた、あれです。何年か前に買って、そのままになっていましたので、この機会にと漸く読み始めたところです(平川祐弘訳)。
上述の「いいなづけ」、ボッカチオの「デカメロン」、・・今のこの新型コロナのイタリアの被害を思うに、それらの作品に痕跡が残されているペストの大流行がどんなに猖獗を極めたものだったか、そちらの方も気になるようになりました。
文芸、芸能、芸術、そういったものも社会状況と無関係ではなく、日本のものだって、例えば能に感じるある種の肚の座り方は、死と隣り合わせであった時代を知っている芸能であるが故ではないかと思います。

 

翻って私たち、この新型コロナウイルスの世界的流行を経験した私たちがこれから作るものは、好むと好まざるとにかかわらず、やはりその影響を受けるのでしょうが、
コロナ以後、世の中の考え方はどう変わるのだろうか。
その時、伝統芸能はハード面でもソフト面でもどのようなものを用意できるのか。
そんなことも気になるこの頃です。

 

今藤政太郎同人・・もとい政太郎先生からの問いにならぬ問いに倣い(?)、答えにならぬ答えでお許しください。

 

このリレートーク、一周してみてダレたら終わろうと思っていましたが、もう少し行けそうなので、続けてみます。
と言いますのも、これまで読んでくださっている方から、
もし良かったらこの質問をあの方に!
とお預かりしているお題がありまして、すなわち、

 

『松永忠一郎さま。
あなたが水族館で一番に見たいものは何ですか?』

 

二周目の縛りとしまして、
・原則として前回とは別の人に繋ぐ
・画像も1枚は一緒に上げる
もお願いしてみたいと思います。

 

金子 泰
 

  • カテゴリー:金子 泰
  • 2020年04月16日(木) 13:34
  • -

リレートーク!

2020.03.29 Sunday

新型コロナ感染拡大で、演奏会、イベント、催しが「自粛」になっておりますこのごろ、
あちこちで企画されているであろうリレートークを、創邦21のブログでもいたします!

 

《ルール》
前の同人からの質問に答える。
次の人を指名して、質問をする。
最後の人は、最初の人に質問。
トントンと調子良く参りましょう!

 

では始めます。

 

福原徹さんへ。
最近、文化的な刺激に飢えております。
徹さんが最近読んだ本、聴いている音楽、etc
を教えてください。
そして何かオススメくだされば幸いです。
(最初なので手堅くいきました)

 

金子 泰
 

1

2020年09月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

アーカイブ

ページトップへ