blg_ttl_21.png

創邦21同人
(五十音順)

  • 今藤 長龍郎
  • 今藤 政貴
  • 今藤 政太郎
  • 今藤 美治郎
  • 金子 泰
  • 杵屋 淨貢
  • 清元 栄吉
  • 福原 徹
  • 松永 忠一郎
  • 米川 敏子

新コンテンツ登場
毎月更新!

2020年10月23日
第17回作品演奏会

thumnail

2020年3月11日
第12回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2019年2月21日
第10回創邦21公開講座
「創作のキモ」

/a>

2017年11月8日
第15回作品演奏会

2017_soho21.jpg

2017年7月21日
第8回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_2017.jpg

2016年11月8日
第14回作品演奏会

創邦21チラシ

2016年6月22日
第7回創邦21公開講座
「創作のキモ」

創作のキモ_2016

2015年11月5日
第13回作品演奏会

omote_01.jpg

2015年8月17日
第6回創邦21公開講座
「創作のキモ」

bunner_kimo_201508.jpg

2015年1月7日
第5回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2015_kimo.jpg

2014年10月8日
第12回作品演奏会

チラシ

> リレートーク トップページ

リレートーク26走目

2020.08.09 Sunday

こんにちは。笛吹き同人の福原徹です。

このリレートーク、新型コロナウイルスの影響で舞台や稽古が自粛、延期された状況下で、3月末に金子同人の発案でスタートしたのでした。

当時は、この状況がこれほど長引くとは思っておりませんでしたし、このリレートークもこんなに続くことになるとは予想しておりませんでした。

ここ数か月、手紙やメール等に「一日も早い終息を祈るばかりです」と書いていましたが、これもちょっと口にしづらくなって来たように感じます。最近は、「引き続き、お気をつけてお過ごしください」が自分の常套句となっております。

 

さて、今藤美治郎同人からのお題。

「笛を習い始めたきっかけや、恩師である寶山左衞門先生との素敵な思い出などを是非お聞かせ下さい。」

 

うぅー。

これは難しい。超重量級の宿題を頂戴してしまいました。

まして、それを簡潔にまとめるというのは、なんとも。

そうだ!ここのところ皆さん(いや、私がか?)更新が遅れ気味になっている感もあるので、今藤政貴同人が開拓してくださった「同じ同人による連続投稿方式」を勝手に採用させていただくことにします。

 

このリレートークの19走目に書いたように、恩師・寶先生は、誰に対してもいつも穏やかに丁寧に接する方でした。弟子にも怒鳴ったりするようなことは無く、いつもやさしく教えて下さいました。

「誰とも喧嘩しちゃあいけないよ」と、よくおっしゃっていました。「誰かに足を踏まれたら、怒るんじゃなくて、そんなところに足を出していた自分が悪うございました、と思え」というようなこともおっしゃっていました。まぁ勿論、これはちょっと極端な例だとは思いますが。

でも、怒りとかの感情を持たなかったのか、というと、そんなことはないはすです。むしろ、ご自分は敏感で、周りのこともよくご覧になっている、だからこそ自戒なさっていたのだと思います。そもそも、先生のような方が、お人よしだとか鈍いとか感受性が欠けているとか、そんなことはあり得ない。先生の作品や演奏は、そんな悠長な緩いものではありません。ある面では厳しく、むしろ真実を見抜くような物の見方をなさっていたはずです。

 

先生は、文字を書かれる際もゆっくり丁寧でしたが、文章もわかりやすく味わいのあるものをお書きになりました。同じ文章を使いまわしたりせず、その都度じっくり考えて書いておられました。

2001年、私は初めてのリサイタルを開きました。その当日のプログラムに載せる御挨拶文を、先生にお願いしたのですが、後日、「書けたよ」と渡された文章を拝見し、私は驚愕しました。

 

徹君おめでとう

貴公子のような徹君も、この世界で少しよごれてきた。

もっともっとよごれる前、徹君の満を持したリサイタルが今日、催される。

いろいろな難関を乗り越へて無で吹く笛の音を期待している。

 

冒頭の「貴公子」という単語も気になりましたが、「この世界で…よごれてきた」という言葉に、当時の私はとてもびっくりしたのです。

このまま載せてしまって良いものか?でも、今さら書き直してもらうわけにもいかない。

 

もちろん、結局、そのまま載せさせていただきました。

そして、この先生のお言葉で、私自身ある種の踏ん切りがついたというか、思いっきり会に臨む事ができたのです。

お客様にもこの御挨拶文は印象深かったようで、結果的に会のイメージを大きく支えていただいたようにも思います。

美治郎さんからのお題の「先生との素敵な思い出」というのとはちょっと異なるかも知れませんが、先生が書いて下さったこの御挨拶文は、私の大切な宝物になっています。

 

長々と失礼いたしました。

次回は笛を習い始めたきっかけについて、書かせていただくつもりです。

皆様、引き続き、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

福原徹

 

 

数年前、満開の時期に見に行った福島県三春の滝桜です。樹齢千年の大木。

  • カテゴリー:福原 徹
  • 2020年08月09日(日) 14:49
  • -

リレートーク25走目

2020.07.22 Wednesday

梅雨真っ最中、蒸し暑い日が多くマスクをするのも暑くて辛いこの頃です。
金子さんからリクエスト頂きましたが…。
絵を見たり描いたりする事は好きなのですが同人を色に例えるのは難しいかなと…。
残念ながら皆さんの色は全く見えて来ませんでした。
敢えて例えるならば栄吉さんの''黒''でしょうか。
いつも穏やかな印象で、どこか飄々とした佇まい。そして身に付けている衣装もモノトーンのイメージが有ります。
しかしそんな黒のイメージから創り出される栄吉さんの音楽は、色とりどりでとてもカラフルに色と光を感じさせてくれる様に思います。
独自に産み出されるメロディとハーモニーは栄吉さんの特別な世界ですね。
僕もこれから色々な表情を伝えられる様な曲を創って行きたいと思います。
さて今度は福原徹さんに伺います。
笛を習い始めたきっかけや、恩師である宝山左衛門先生との素敵な思い出などを是非お聞かせ下さい。
今藤美治郎

写真は福山城

リレートーク24走目

2020.07.14 Tuesday

我ガ「こころの故郷」ハ粥ノ一椀ニ在リ――

いっそ漢字を連ねて返り点でも打ちたい心持になってきますが、
実家が禅宗の寺であるためか、病気の時に食べるものとしてではなく、日常的にお粥に接して来ました。
寒いからお粥がいいねと言い、暑いときの朝ごはんはお粥が一番だと言い、また何でもなくても「今日はお粥食べたいねえ」、
…なんていうのは、どうもあまり一般的ではないんですってね。

お粥というのは、何かの片手間で「弱火でコトコト」煮るものではなく、ずっとその傍について細かく様子を見ながら一気に炊き上げていくものだと思っています。
鍋釜から噴出さぬ程度に弱めた火と頃合いの水分とで粥の粘度と光沢とを出していき、完成形の少し手前で火を止め、蓋を閉めて蒸らす。
ケでありながらどこかハレでもある、とさえ思わせるもの。

実家の寺で行われた何かの会のときに見たことが、心に残っています。普段事もなげに美味しい精進料理をばんばん作っている典座役の方が、早朝、新しい〈くど〉を前にして
「実はオレは〈くど〉で粥を炊いたことがない。しかしこれはこの会の典座として〈くど〉のためにも失敗するわけにはいかない」
と、細心の注意を払いに払って、実に見事なお粥を炊かれた。そして供された時、「これはすごい」と、お坊さんたち皆々感嘆し感動しながら、あっという間に平らげていた。
そんな光景、また昔の記憶を思い出すにつけ、また今も何かとつい炊いてしまうことからも、「粥ノ一椀ニ在リ」と言いたくなるわけです。

昨今は、私は白粥よりも鶏肉を入れた鶏粥を好んでおります。
米を研ぐ。水は米の5倍くらい。
一緒に鶏肉も入れて浸水後、そのまま強火で炊き始めます。
沸騰して吹きこぼれそうになったら少し火を弱め、水が少なそうだったら水をさし、あまりかき回さない。泡の具合が変わり、上側の水分が白濁してややもったりして、もういいかな、ちょっと早いかなという頃を見極め、蓋をして強火にして数秒、火を止めて蒸らします。

こんなかんじ。

朱のお椀に盛るとそれらしく見えますが、これは鶏入り。お味噌がよく合います。
ぜひ一度お試しになってみてください。


さて、次は今藤美治郎さんにご登場いただきます!
繊細な色彩感覚をお持ちの美治郎さんには、
「御自身も入れた創邦同人を色に喩えてください。その理由も少し教えてください」
でお願いいたします。

金子 泰

  • カテゴリー:金子 泰
  • 2020年07月14日(火) 21:01
  • -

リレートーク 23走目

2020.06.27 Saturday

こんにちは。今藤政貴です。
前回のリレートークは中途半端なことになってしまいました。
忠一郎さんからの質問「コロナ後の我々邦楽界の人間は、どんな活動をしていったらいいのでしょうか」への返事のつづきを書きます。

前回 述べました通り、邦楽界では少なくとも年内、 ほとんどの舞台が休止状態になりそうなので、当分は事実上インコロナの状態です。
個人事業主のための給付金などもあり、それはありがたいことなのですが、休職に近い状態が10ヵ月以上にも及びますので、かなりキツいです。
現状、もっとも心配なことは、この状況がずーっと長引き、廃業者が続出してしまうことで、
この危機的な局面で邦楽界の人間が 邦楽を生業として生きていくために、
いま流行りのテレワーク演奏や、ライブ配信なども試みられつつあります。
それらは、いま可能な表現として、あるいは今後の活動を広げるための試みとしても、有意義ではありましょうが、今のところ経済的には大きな意味を持ちません。
なにしろ質の高い視聴覚媒体は世にあふれていますし、その道の専門家もあまた いますので、それに伍して収益を得ることは、容易なことではありません。
というわけで、当面の課題に対する有効な手だては なにも見出せていないわけですが、それでも地道な努力が きっと将来の邦楽を豊かにするのではないか、そう信じて、歯を食いしばりながら、いろいろと模索を続けるよりなさそうです。
 
さて、そしていつかはアフターコロナと意識される時期が来ることでしょう。
そうなったときに、ぼくらがすべきは まず一度は冷静になることなんじゃないかと思っています。
いま、ぼくは正解がわからず立ち尽くしています。右往左往さえできていません。
たぶん大概の人たちも、立ち尽くすか、右往左往しているんじゃないでしょうか。そういう状況のなかで、アフターコロナの行動様式とか生活様式のスタンダードが語られつつあります。
今後の展望は当然必要で、ぼくもいま まさにそれについて考えているわけですが、
いまの流れに引きずられ過ぎるのは危険な気もしています。現在の空気のなかで妥当な判断が得られるのか?
たとえば、
人と会うときには必ずマスクせねばならないとか、
帰宅するたびにアルコール消毒すべきとか、
せまい部屋にすし詰めの飲み会は避けるべしとか、
回し飲みなどもってのほか、
みたいな新スタンダードが、アフターコロナ=ウィズコロナの時期だけでなく、アフターコロナ=ゼロコロナの時期にも常態化しそうで、ちょっとした恐怖を感じるのです。
いま、私たちは新型ウィルスをうつし合わないことをテーマにいろんな活動を控えています。おそらく現状では必要なことなのでしょうが、
よく語られるコロナ後の行動様式にも、当然とは言え、その発想が引き継がれていて、
まるで人々が同じ空気を吸うのが悪いみたいなニュアンスを感ぜずにはおれません。
いったいそのスタンダードはいつまで続くのでしょうか。
仮にゼロコロナ期になっても、新型インフルエンザの例をとるまでもなく、未知のウィルス感染症は数限りなく出現します。
治療薬のない新型ウィルスなり細菌なりの感染症が流行するたびに、同じようなことになるのか。あるいは、予防的な意味で常にアフターコロナ スタンダードが"常識"となるのか。

となると、満員の聴衆の前で演じることも、舞台の上で 大勢の演者が所せしと躍動することもできなくなってしまうのでしょうか。
ぼくらにとって、やはり舞台の仕事は本当に大切です。邦楽界の人間として、ぼくは舞台を大事にしたいです。
このご時世、視聴覚媒体づくりの努力も必要ですし、今まで以上の素晴らしい作品がきっとできることでしょう。
映像には映像ならではの素晴らしさがあります。
それと同じように、
生の舞台には生ならではの特別な魅力があります。
まず舞台は、演者と観衆・聴衆との統一物です。たとえ、元の内容が一緒でも、演者のコンディションが同じとは限りませんし、観客は毎日入れ替わります。
その演者たちと観客が、同じ時間・空間を共有することで、
今日だけの 一期一会の作品(舞台)が出来上がっていく、そういう醍醐味は、舞台のほかではなかなか味わえません。
たとえば、そこにいるだれもが 息を吸うこともためらうような静寂や緊張感。
たとえば、小さなアトリエにお客さまがギュウギュウになったときの熱気、高揚。
さらには、取り返しのつかないがための恐怖、失望、落胆などをひっくるめてそれを共有できるのは、生ならではです。
しかし、いまは満員でもスカスカの客席で、お客さまは声を立てて笑ったり、歓声を上げることも憚られる状態です。
また、舞台上でも演者同士がソーシャルディスタンスを守らなくてはならなかったり、声を張り上げることもできない、という状況でパフォーマンスが成立するのでしょうか?
制約がかかることで、工夫がすすみ、芸術が進歩するということは歴史的によく見られることで、事実 いまもいろんなところで工夫がなされ、なんらかの進歩もありましょうし、努力は続けるべきではありましょう。
しかしそれにしても、現状の制約は尋常ではありません。
危うし、舞台芸術。

話を戻します。
いま書きつつある文章を読みかえすと、冷静さを欠いた自分がよく見えます。
敵が見えていない、と言いましょうか。
ぼくだけでなく、いまの新型コロナに対する反応は、総じて客観性を欠いたものが多いように思います。

いくら舞台芸術が大切とはいっても、お客さまの健康を損なうようなことがあっては元も子もありません。一方、市民の文化的生活が失われてしまうがための心身のリスクも無視することはできません。
また、素人考えの一般論を申せば、
ウィルスのうつし合いを避ける、という基本的な生活の指針も極端化や長期化すると、長い目で見れば むしろ危険にさえ思えます。
「ウィズ コロナ」とは少し意味合いが違いますが、
もともと、人類(というか生物)は「ウィズ ウィルス、ウィズ 細菌」で生きてきたわけで、「うつし合」うことで、免疫力はじめ いろんなものを得てきたはずです。言うまでもなく、いまの潔癖的な生活様式はそういう機会をも減らしていることになるでしょう。
今後の社会活動、そして我らが舞台活動がどうあるべきかを判断するにあたっては、
今回の新型コロナの例外性や危険性がどの程度だったのか、
どのような対策が有効であったのか、
自粛的な生活が社会にどのような影響をもたらしたか・・・などといった観点からの 客観的な評価が必要となってきます。
あと1年とか2年とかくらい経ったとき、このコロナ禍について どの程度の正確さで総括できるようになっているのかはわかりません。が、少なくとも今よりは情報が揃っているはずです。
そのあかつきに、少し冷静になって客観的かつ総合的に将来を考えることが肝要なのだと思うのです。
それまで、ぼく自身は少しでもマシな仕事ができるよう 努力をしつつ、なんとか生き延びなくてはなりませんが😅

まとまりのない長文、御免ください。

最後に、金子さんに質問。
金子さんの「こころの故郷」はどこですか?

今藤 政貴


著者近影

5ヵ月ぶりに髪を切りました、
事情で染めるのはやめました。

リレートーク 22走目

2020.06.16 Tuesday

こんにちは。
今藤政貴です。
忠一郎さんより、すこぶるヘビーな質問がまわってきました。
なにしろ、ぼく自身が途方に暮れている状態です。
それでも、これからのことについて、思うところがなくもないので、
たぶん支離滅裂になりますし、なにか建設的なことを言える自信もありませんが、
いま、思ったり感じたりしていることを書いてみようとおもいます。
 多くの業界同様、わたくしたち邦楽界(に限らずおそらくほとんどの舞台芸術関係の業界)をとりまく環境は、かなり厳しいものとなっています。
どうにか緊急事態宣言は解除されて、ぼくの住む東京でも、少しづつ社会がまわるようになってきて、それは嬉しいことですが、
ぼくらの辛いところは、その動きがこちらの業界の歯車に届く見通しの立たないことです。一度中止になった舞台が復活することはありませんし、それどころかいまも(今日も😢)舞台のキャンセルの連絡が続いています。いまのようすだと、ぼくらの舞台活動がある程度まで戻ってくるのは、楽観的に見ても来年の春頃になるでしょう。
ですからコロナ後を迎える前に、まずはコロナの渦中をどうにか切り抜けなくてはないわけで、
きっと“イン コロナ”と"アフター コロナ"の境界もわからないまま一日一日が過ぎていくのでしょう。
いずれにしろ、邦楽人としても一市民としても、
当面のこと、それから もう少し落ち着いた先のことまでを深刻に考えずにはおれませんね。
 そんないま、まず何よりも大事なことは、
いろんな意味でのコンディションを整えて、良い作品、良い演奏を作り上げる、あるいはその準備をすることでしょう。
当たり前過ぎるような、しかも本来これはどんな状況でも同じことなので、いまさら特筆することでもないようでもあるのですが、どうもそれがそうも言えない気がするのです。
もしかしたら、これはぼくだけのことなのかもしれませんが、
とにかくいま、舞台がなくて、表現の場がなくて、生活の糧がない、いつまでこの状態が続くかもわからない大きな不安にさいなまれていて、
 そこから脱却したい、早く元の日常に戻ってほしい、
こう思う一方、
 いつもの、舞台を目前にした緊張、不安から解放され、
こんな状況にも関わらず、少しホッとして、緩んでしまっている自分を意識せずにはおれません。
何十年もずーっと綱渡りを続けてきたのが、いまは地べたに腰をおろしている状態。また、綱の上で立ち上がれるのだろうか?このまま、もとの現場に戻れるものなのか?正直こわいです。
 忠一郎さんからいただいた質問の内容からは はずれてしまうかもしれませんが、ぼく個人としては、いまさらながら現状に正面から向き合って、立ち向かえる心技体をつくりなおすことが第一の課題なんじゃないかと思っています。
 
そのうえで、この情勢のなかで、何をめざし、どんな活動をしていくべきか。
まだなにも述べられていません。
リレートークなので、本当ならだれかにお回ししなくてはいけないのですが、
もう少し自問自答すべく、
「つづく」とさせていただきます。
著者?近影。舞台がないので、かれこれ4ヵ月床屋に行ってません。きっと床屋に行ってない人多いんだろうなぁ。

今藤 政貴

2020年09月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

アーカイブ

ページトップへ