blg_ttl_21.png

創邦21同人
(五十音順)

  • 今藤 長龍郎
  • 今藤 政貴
  • 今藤 政太郎
  • 今藤 美治郎
  • 金子 泰
  • 杵屋 淨貢
  • 清元 栄吉
  • 福原 徹
  • 松永 忠一郎
  • 米川 敏子

新コンテンツ登場
毎月更新!

2020年10月23日
第17回作品演奏会

thumnail

2020年3月11日
第12回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2019年2月21日
第10回創邦21公開講座
「創作のキモ」

/a>

2017年11月8日
第15回作品演奏会

2017_soho21.jpg

2017年7月21日
第8回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_2017.jpg

2016年11月8日
第14回作品演奏会

創邦21チラシ

2016年6月22日
第7回創邦21公開講座
「創作のキモ」

創作のキモ_2016

2015年11月5日
第13回作品演奏会

omote_01.jpg

2015年8月17日
第6回創邦21公開講座
「創作のキモ」

bunner_kimo_201508.jpg

2015年1月7日
第5回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2015_kimo.jpg

2014年10月8日
第12回作品演奏会

チラシ

> リレートーク トップページ

リレートーク 18走目

2020.05.16 Saturday

『勧進帳』は、歌舞伎でも長唄でも指折りの人気演目です。
 ぼくが『勧進帳』でまず第一に思うのは、ともかく長唄がよくできているということ。
『勧進帳』の長唄は、お芝居の「ト書き」だけを演奏するようなものです。にもかかわらず、相応の方が演奏なさると お客様が皆喜んでくださるという、たいへん珍しい曲です。
そのくせ技術的にはそれほどでなくても弾けます。これは、いかに四世杵屋六三郎(杵屋六翁)が作曲者として優れているか、その力を端的に示すものです。

そして、弁慶と富樫という、判官義経を取り巻く人たちの自己の利害を超えたところにドラマがスリリングに展開されていくところが、劇としても成功しているのだと思います。
 
ここでぼくは不審に思うのですが、長唄の『勧進帳』の元である能の『安宅』では、富樫は弁慶の嘘を見抜けず、逃してしまったということになっているらしい。もちろんこれは能の方によく聞いてみなければわかりませんが、ともかくそのようです。
でも歌舞伎の方では、弁慶は滅びゆく運命の主君義経に、忠義というよりまさに人間の情というべき不思議な力に突き動かされて、知恵と勇気とで守り切っていて、富樫は途中で(あるいは最初からかもしれない)それと知りつつ、自分の部下たちを騙してまで、義経主従の美しさに打たれ、まさに自己の利害を犠牲にして関を通し、一行を逃がします。
歌舞伎の『勧進帳』ではどうしてこのようになったのか、ここがぼくの興味あるところです。それはやはり、幕末の江戸の人たちの気持ちを舞台が代弁しているからではないでしょうか。江戸人の心意気が舞台に反映されているのだと思います。

富樫はその後どうなったのでしょう。
どうしてそのような行動に出たのでしょう。
そこがたいへん気になっています。そのあたりのことを何か作品にしてみたいと思っています。
 
次の質問は福原徹さんにします。
この頃思うことを教えてください。
 
今藤 政太郎
画像のかわりに、ぼくの“テーマソング”を。↓↓↓クリックしてね!

リレートーク 17走目

2020.05.11 Monday

美治郎さんの貼られた画像に見とれています。
遠く輝く月。その下には、貴人の袖を翻したような藤の花房。
そして「詞の作り方を」というご質問。

……むむ?
「もう5月も半ばだけど、秋の本会で発表する『融』の歌詞はどうなっているの?」という裏メッセージの気配がする(深読みし過ぎ?)。
その『融』を引き合いに出しつつ、我流無手勝流で恐縮ですがお話させていただきます。

歌詞のことばを書き出す前に、
・題材を決める(古典の何かか、オリジナルか)、と同時に焦点を考える
・どういう性質、テイストで行くか、と同時にことばの時代感を考える
・歌詞の構成(話の流れ)
を決めます。

『融』でいえば、花鳥風月の「月」をテーマにしたものと最初から決まっていたのと、他の曲を見渡して、一つは能由来のものがあってもよさそうだったのとで、この題材にしました。
お能の『融』は、昔、源融(みなもとのとおる)が自邸である京都六条河原院に陸奥の塩竈をうつして塩を焼いていた話を基にして、知らずにその廃墟に来た僧の前に融が現れるというものです。「月もはや 出汐になりて」で始まり「月もはや 影かたぶきて」と終わる曲です。

金子 世阿弥.jpg
見ていると時間がどんどん経ちます

『融』のように古典作品を下敷きにする場合、その世界を借りながら、どう読み替え・作り替えて、演奏の編成のことも想像しつつどのような邦楽にするかを考えます。下敷きのものがない時も然り。
どのような邦楽、というのは、唄ものなのか、筋のあるものなのか、新しみをどのくらい入れるか、みたいなところです。
作曲者と相談してみたりもします。

その上でいよいよことばを書き始めますが、ワードからセンテンスへ、パラグラフへ、とことばの繋がったところから始めることが多いです。
ちょうど、ジグソーパズルで四隅を決めたら、ここかな?と思ったピースから置いてみるようなものです。
それを見てあらかた予想がついたら、頭から書き出します。もちろん、書き出してみて、これはつまらないなと思ってやり直すことも多々あります。

歌詞は曲(音楽)がついてこそのものなので、ことばを尽くして思いの丈を書き連ねるというより、文字数と音も考えつつ、ことばの一つ一つの喚起力を大事にして簡潔に表すように、音楽にも十分にうたってもらえるようにと思っていますが、これがなかなか難しい(から面白いとも言えます)。
ちなみに、現在『融』は、頭から書き始めているところです。遅くなっておりますが…いやこれは決して“蕎麦屋の出前”ではありません!

現代の楽曲でも一回聴いただけで全部の歌詞が聞き取れるわけではないので、まして古語交じりの邦楽の歌詞が全部聞き取ってもらえるとは思いません。どこか引っかかるところがあればとは願っています。

こんなところですが、どうもパッとしない話でお粗末様です。

さて気をかえて、今藤政太郎同人に繋ぎます!
『勧進帳』は、長唄であれ歌舞伎であれ、これまで数えきれないほど演奏され、御覧になってきたと思いますが、三人の主要人物―弁慶、富樫、義経―の中で、政太郎先生が最も肩入れしてしまうのは誰ですか? どういうところが?そしてそれは曲の解釈や演奏にも反映していましたか?

金子 泰
  • カテゴリー:金子 泰
  • 2020年05月11日(月) 11:30
  • -

リレートーク 16走目

2020.05.09 Saturday

米川先生からの質問にお答えします。
イメージする理想の音色は有りますが、残念ながら僕たち演奏家は自身でそれを客席から聴いて確認する事が出来ません。

私が良い音色で演奏する為に心がけている事

 サワリが付いて余韻が長く続く様に調子を合わせる

 糸を弾く時は経口の少し下(撥皮の真ん中)を叩き撥音はうるさくならない様に

 良い響きを出す勘所に気を付けるのは勿論 運指に気を付ける
 音を引き摺らないでなるべくその音符の長さ迄移動しない事
(演出上わざとする場合も有る)
 先に押さえたり放したりせず余計な雑音が出ない様に

いつも意識している事を簡単にまとめてみました。曲を演奏する時には更に色々と意識する事も有りますし、なかなか思った様に弾く事は出来ませんが、良い音色で品の良い演奏になる様にと心がけています。

さて次は文芸同人の金子さんにお尋ねします。
作詞する時に一体何から始めるのか、またどうやって作って行くのか。金子さんの詞の作り方を是非教えて下さい。

今藤美治郎
佃住吉神社の藤と月です

リレートーク 15走目

2020.05.01 Friday

皆さま、自粛生活を如何お過ごしでしょうか?

 

私も、御多分に洩れず全ての仕事が無くなり、何十年振りに睡眠不足と溜まったままの疲労を解消することが出来ました。こんなことが起きなければ自分の身体を休めることが無い、workaholicぶりには呆れるばかりです。
しかし、古稀を迎えた身分としては、今まで一番最後にしていた健康管理を優先して行かなければいけないと考え直しています。

 

と、このタイミングで政貴さんからの御質問にビックリ❗
普段からの健康管理は全くしていなかった私、グッサリと心に突き刺さりました。

 

本当に有り難いことながら、大変丈夫な身体に生まれて、どんなにハードでも、体力と気力で乗り越えてこられました。
ただ、メンタルは弱いので自律神経に来たことはあるのですが、色々検査をして神経だと分かった時に、病気ではないと思って安心したと言う能天気ぶりです。

 

何のご参考にもならず申し訳ないのですが、丈夫な身体をくれた両親と神様、御先祖様に感謝するばかりです。
睡眠時間と練習時間を削って何とか仕事をこなし、自分の身体を一番大切にしてこなかったのですが、これを機に改めたいと思います。そして
物事の考え方、性格をポジティブ方向に持っていくことも健康には需要なのだと思います。

 

元気で、良い演奏が出来るように今の時間を利用して体調を充分整えたいと思います。                   
反省❗

 

次のランナー、今藤美治郎さんにお尋ねします。
前回長龍郎さんからご質問頂いた、
良い音、理想の音色についてこだわりを持っていらっしゃることを教えて下さい❗

 

米川敏子


新幹線から🗻を拝むことが大好きです。これは新富士に住むお弟子さんが送ってくれました。電線の間から、黄金に耀く富士山です。
 

リレートーク 14走目

2020.04.29 Wednesday

こんにちは、今藤政貴です。

みなさま、ご無事でお過ごしでしょうか?

 

ぼくは、相変わらず仕事がありませんが、身体はまぁまぁ大丈夫です。

このご時世ゆえの雑事こそあれ、

基本的にはヒマなので、

普段はできない でもやりたい、あるいは すべきことに振り向ける時間がたっぷりあるだろうと思っていたのですが…

 

実はここからが栄吉さんのご質問への答えになります。少し長くなりますが、お付き合いください。

ぼくのところには小学3年と1年になったばかりの子どもがおりまして、

もちろん学校は休みなので、ずーっと一緒におります。

いつもは あまり一緒に遊んだりできないので、せめて楽しい遊びの時間をたくさん作りたいところなんですが、なかなかそうもいきません。

 

なにしろ3月頭から臨時休校が続いているわけですから、学校のカリキュラムも大幅に滞っているわけで、それを取り戻すべく、大量の宿題指令が週一で送られてきます。これが、ふつうの宿題とは違って、学校でできなくなっている授業をそれぞれの家庭でやろう、というものです。

一応、子どもたちにはタブレットが配られていて、それなりのコンテンツも作られている(教員の方々も本当におつかれさまです)のですが、

それで子どもたちが課題をこなせるくらいなら、もともと先生は必要ないですよね。

そんなわけで、わが家は寺子屋状態です。

算数国語だけならまだしも、理科も音楽も図工体育もあるのですから、大変。

 

まず、朝は学校に行くところから始まります。

もちろん学校で授業があるわけではありません。小学生になりたての二男に登校の練習をさせるために、リュックサック(さすがにランドセルってわけにはいかないので)に教科書を詰めて、学校にただ行って帰ってくるのです。

それから授業の開始。

始めようとすると、子どもたちはとりあえず逃げます😓

ともあれ、妻と手分けして、二人の子どもたちのお勉強タイムですが、専門家でない悲しさ。まるで予定通りに進まず、ノルマは溜まるばかり…ママ友同士の「どうしよう」LINEもさかんみたいです。こんなことが日本中の子持ち家庭でなされてるわけです。うちは私の失職状態のおかげで(?)楽なほうかもしれません。

日常のありがたみを感じるとともに、やはり抜本的な対策の必要を感じます。

ここ数日、ようやくそういう声がちらほら聞かれるようになりましたが、

この際、制度上、カリキュラムの開始時期を9月にずらすことを深刻に考えるべきではないでしょうかねぇ?

もともと議論されていたことですし、混乱なしに移行というわけにはいかないでしょうが、もうすでに世間は大混乱しておりますので。

まったくもって私の個人的な意見で、創邦のブログにはそぐわない内容で申し訳ないのですが、たまたまちょうだいした質問に乗っからせていただきました。

 

さて、米川理事長にご質問です。

いま、私たちは自分たちの健康を守るため、感染対策に腐心してますけども、ふだんと違う生活ゆえに健康でいられなくなる心配もあります。

米川理事長はいま現在、あるいは普段から、健康のためにどんなことを気をつけていらっしゃいますか?

ぜひご教示ください。

 

今藤 政貴

 

残念ながら、この写真はわが家ではありません。

 


散歩はなるべく混み合わない場所を探していきます。

 

2020年07月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

アーカイブ

ページトップへ