blg_ttl_21.png

創邦21同人
(五十音順)

  • 今藤 長龍郎
  • 今藤 政貴
  • 今藤 政太郎
  • 今藤 美治郎
  • 金子 泰
  • 杵屋 淨貢
  • 清元 栄吉
  • 福原 徹
  • 松永 忠一郎
  • 米川 敏子

新コンテンツ登場
毎月更新!

2020年10月23日
第17回作品演奏会

thumnail

2020年3月11日
第12回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2019年2月21日
第10回創邦21公開講座
「創作のキモ」

/a>

2017年11月8日
第15回作品演奏会

2017_soho21.jpg

2017年7月21日
第8回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_2017.jpg

2016年11月8日
第14回作品演奏会

創邦21チラシ

2016年6月22日
第7回創邦21公開講座
「創作のキモ」

創作のキモ_2016

2015年11月5日
第13回作品演奏会

omote_01.jpg

2015年8月17日
第6回創邦21公開講座
「創作のキモ」

bunner_kimo_201508.jpg

2015年1月7日
第5回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2015_kimo.jpg

2014年10月8日
第12回作品演奏会

チラシ

> リレートーク トップページ

リレートーク 13走目

2020.04.25 Saturday

音楽以外の人生は小学生の頃から考えたことなかったのですけれども。
しいてお答えするならばパン屋さんです。小さなベーカリーを持つのが夢でした。
職人さんにおいしいパンを焼いてもらってバターの香りが幸せ、みたいな。
つまり自分は何にもしない‥パン屋さんのオーナーですね!

 

香りといえば……
去年はやたらとおそばにハマりました。
おそばといっても立ち食いの駅そばです。かき揚げそばにかぎります。

 

幼い頃の記憶‥家族旅行の朝。
大船駅で横須賀線から湘南電車に乗り換えます。
わずかな待ち時間にわたしを連れて父はホームの立ち食いそばへ。
向こうで待ってる母と兄。
発車時刻ドキドキ。
ちょっと秘密な大人の気分。
初めての駅そば。大好きだった友達みたいな父。

 

パン屋のはずがお蕎麦の話になってしまいました。

 

今藤政貴さんに伺います。
外出自粛の毎日、
2人の育ち盛りのおぼっちゃん達とはどんな風にお過ごしでしょうか。
パパさん奮闘ぶりをぜひお聞かせください☆

 

写真は保土ケ谷区境木‥旧東海道あたり
からの富士山。文とは関係がありませんが、構図が北斎っぽくて気に入ってます。

 

清元 栄吉
 

リレートーク 12走目

2020.04.23 Thursday

こんにちは。笛吹き同人の福原徹です。
早速ですが、今藤長龍郎同人からのお題。
「笛(篠笛)と合う楽器は何だと思われますでしょうか?和楽器・洋楽器を問いませんし、声も楽器ですので日本音楽系の唄・西洋の声楽も含まれます。複数お答えいただいても大丈夫です。どのような事で笛と合うなどのお話をしてくださると大変嬉しいです。」

 

個人的、かつ、現在の考えなのですが、「笛と合わない楽器は無い」と思っています。
笛は(特に篠笛は)とてもシンプルな造りです。そもそも竹は中が空洞ですから、竹は笛になるために生えているんじゃないかとすら思えてきます。それに息を入れて音を出す。その音は、風の音あるいは人間や動物の声に近いものだと感じます。
太鼓や鼓などの囃子や、三味線、唄(語りも含む)とは、もちろん合います。と言うか、そういう作品がたくさん作られ伝えられて、演奏自体もこなれています。
では、他の楽器とはどうなのか?
たとえば、和楽器でも箏とはあまり一緒に演奏されていませんでした。(雅楽では箏と笛が共存していますが。)しかし、近年は箏曲や地歌の演奏に笛を入れることが増え、私自身もそういう機会をたびたび頂戴して、ぜひ自分のレパートリーにしたいと思うような曲もたくさんあります。
洋楽器とはどうか?
これは、合わせ方しだい、あるいは作曲や編曲しだいだと思います。
私はたびたびピアノと共演していますが、あの大きな楽器の中に自分の笛の音が溶け込んで行くような感じがします。笛は単音で、音域があまり広くなく、しかも全体に高い音であり、音程も不安定になりがちです。それが、ピアノの豊かな響きの海の中で自由に浮かんだり泳いだりしていられる。
ただ、それは誰が弾いてもそうなるというわけではなくて、音の選び方、弾く人の感性やタッチ…様々な条件があると思います。
他の洋楽器はどうか?
これまで声も含めいろいろな楽器と合わせる機会がありましたが、この楽器と笛は相性が悪い、と感じたことはありません。
ただし、相手(演奏者、あるいは作曲者、編曲者)しだい、です。どれだけ笛の音に愛情や共感を持って下さるかにかかっていると思います。(なんだか責任を相手に押し付けていますね…すみません。)
もっとも、これは洋楽器とだけではなく、和楽器どうしでも同じかも知れません。たとえば唄方や三味線方が、どこまでその笛方の吹き方というか、こうありたいと思っているものを許容、信頼、あるいは反発しつつも新たなところへ共に進んで行こうとしてくれるのか…そういうことにかかっているような気がします。(やっぱり相手に責任転嫁しすぎですね…すみません。)
まあ責任云々はともかくとして、和楽器・洋楽器を問わず、笛と同じように音が長く持続する楽器や、音域が近い楽器とは、合わせる際に工夫が必要です。笛はどうしても音が揺れますし、音程と音色が切り離せないような面があります。(そこが古典的な笛の魅力でもあります。)古典でいつも共演している囃子(打楽器)や三味線は、音がすぐ減衰し、音域もぶつからない楽器です。たとえば胡弓、ヴァイオリン、フルートなどと合わせるのは要注意だと感じます。でも、だからと言って、合わないとは言えない。
もう10年以上も前の話ですが、ある番組でペーター・ルーカス・グラーフ氏(フルーティスト)と、バルトークの短い二重奏でご一緒しました。こちらはすごく緊張して、最初のリハーサルでは音程に細心の注意を払い慎重に吹いたのですが、ディレクターから「もっと笛っぽく吹いちゃったらどうなるんでしょうか?」と言われて、今度は開き直って長唄を吹いているような感覚で吹きました。すると、グラーフ氏もちょっと笛っぽさを漂わせて吹いたりして、このほうが断然面白い!ということで、本番はこちらのスタイルになりました。(その時のグラーフ氏のフルートが、寶先生の篠笛のように感じられたのを覚えています。)
それ以来というわけでもないのですが、古典の長唄を吹く時も、他のジャンルの邦楽を吹く時も、そして自分の作品、あるいはバッハを吹く時も、同じ感覚で吹いています。子供のころ児童合唱団に通いながら一方で長唄の唄をかじっていて、当時の幼い自分にとってはどちらも「うた」であり、今もその延長線で笛を吹いているのかも知れません。

 

すみません…話が逸れて長くなってしまいました。
写真を1枚出す、とのお約束。
今回のお題には全く関係ないのですが、五年前オランダの帰りに寄ったパリのルーブルで見たレンブラントの自画像(1660年)です。


彼はたくさん自画像を残していますが、実は今、上野の国立西洋美術館にロンドンのナショナルギャラリーから1640年の自画像が来ています。誰もいない展示室に静かに掛けられているのか、それとも保管庫に入れられているのか…。

 

さて、清元栄吉同人にお尋ねします。
作曲家あるいは三味線方以外の栄吉さんの姿が想像つかないのですが、もし作曲や三味線のお仕事でなかったら、どんなことをなさっていたでしょうか?
子供の頃に憧れていた職業でもいいですし、いま秘かに抱いている野望?があればそれでも結構です。あるいは、それを生業としなくても、こういうことをやってみたい、やって行きたい、というようなことでも。

 

福原 徹
 

  • カテゴリー:福原 徹
  • 2020年04月23日(木) 22:54
  • -

リレートーク 11走目

2020.04.20 Monday

外出自粛による事もありますが、今月に入って寒暖の変化が多いので、皆様体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

清元栄吉さんから僕を通じて米川敏子さんへバトンを渡しましたが、またすぐにバトンが回って参りました。
松永忠一郎さんからのお題「寿司でお好きなネタ5つ」、大変悩みましたが僕がお寿司屋さんに行ったと仮定して、食べる順でお答えします。
^…まずは背の青い魚でお腹のエンジンを掛けたいと思います。風味もですが鰯のキラキラ感が大好きです。
勘八…鰯と種類が似ていますが、少し脂が乗っています。若い頃でしたら鰤を食べていましたが、今は勘八のほうが胃にもたれなくて、且つコクがあって好きです。
K鄰罐肇…数個食べるのは重たいですが、食べた時の甘さと口どけ感がなんとも言えず好きです。
ぐ…また背の青い魚ですが、鰯と勘八の中間くらいの脂具合と味の濃さが、中トロに負けない風味があり、ここで食べます。
イ劼發ゅう(細巻)…赤貝のヒモと胡瓜の巻物ですが、ヒモのコリコリ感と胡瓜との相性が抜群だと思います。口がさっぱりします。
こんな感じです。

 

20代でしたら鮪中トロ→鰤→鯵→イクラ→雲丹などと食べていたと思いますが、さすがに今はあっさり傾向になりました。
好きな寿司ネタ5つとは離れてしまいますが、余談として志乃○寿司(これで皆さんわかりますよね)のいなり寿司とかんぴょう巻きが大好きです。
酢飯に甘いものは苦手…という方もいらっしゃいますが、仕事の合間や疲れて帰宅した際に食べた時感じるコクと甘さは、体と心を癒してくれます。
かんぴょうが苦手な方、申し訳ありません…

 

次の方ですが、福原徹さんをご指名させていただきたいと思います。
食べ合わせの良し悪しがありますように、笛(篠笛)と合う楽器は何だと思われますでしょうか?
和楽器・洋楽器を問いませんし、声も楽器ですので日本音楽系の唄・西洋の声楽も含まれます。
複数お答えいただいても大丈夫です。
どのような事で笛と合うなどのお話をしてくださると大変嬉しいです。

 

今藤 長龍郎


追伸
下の写真は、先日家の近くで撮ったものです。
元々八重桜が植わっていましたが枯れた為昨年伐採されてしまいアスファルトで埋められましたが、その隙間から綺麗なカタバミの花が咲いています。
元気をいただきました。

リレートーク 10走目

2020.04.16 Thursday

水族館で見てみたいのは「ミミックオクトパス」です。その名の通り"まねをするタコ"です。
自らの身を守るために擬態する生物はたくさんいますが、このミミックオクトパスはその種類の多さは他に並ぶものは無く、ミノカサゴやウミヘビなどの他何十ものネタを持っているそうです。
おまけに現れた捕食者に対して、それぞれの天敵のまねをして追い払うという、相手の事情まで把握している知恵者だそうです。人間が現れたら何の物まねをしてくれるのでしょうか、見てみたいです。
残念ながら水族館にいるとは聞いたことありません。いまだに謎の多い生物だそうです。

 


ミミックオクトパス「Wikipedia」より


次に今藤長龍郎さんに質問します。
寿司ネタでお好きなのを5つあげてください。のり巻きでも結構です。

 

松永 忠一郎
 

リレートーク

2020.04.16 Thursday

先月末に始めたリレートークが、2週間ちょっとで一周しました!
この企画、もちろんブログを読んでくださっている皆さんに向けた発信ではあるのですが、
実のところ、私自身がそれぞれの家にいる同人たちと離れていながら繋がりたかったので始めたのでした。
皆々様ありがとうございます。

 

私もずっと家におります。
感染しないように、させないように、、どんどん大変なことになっているという医療現場に少しでも負担をかけないように、という気持ちです。
「今日の新規感染者数」は、それが全てではないようですよね。
現状どこまでどうなっているのか、ニュースなど見るのですがよくわかりません。が、以前より救急車の音が頻繁に聞こえてくるのは確かです。

 

ひと月ほど前に話題になったマンゾーニの「いいなづけ」が、うちの本棚の隅の方に上中下巻揃っているのに、数日前気付きました。イタリアの高校の校長先生が休校前に生徒たちに薦めた、あれです。何年か前に買って、そのままになっていましたので、この機会にと漸く読み始めたところです(平川祐弘訳)。
上述の「いいなづけ」、ボッカチオの「デカメロン」、・・今のこの新型コロナのイタリアの被害を思うに、それらの作品に痕跡が残されているペストの大流行がどんなに猖獗を極めたものだったか、そちらの方も気になるようになりました。
文芸、芸能、芸術、そういったものも社会状況と無関係ではなく、日本のものだって、例えば能に感じるある種の肚の座り方は、死と隣り合わせであった時代を知っている芸能であるが故ではないかと思います。

 

翻って私たち、この新型コロナウイルスの世界的流行を経験した私たちがこれから作るものは、好むと好まざるとにかかわらず、やはりその影響を受けるのでしょうが、
コロナ以後、世の中の考え方はどう変わるのだろうか。
その時、伝統芸能はハード面でもソフト面でもどのようなものを用意できるのか。
そんなことも気になるこの頃です。

 

今藤政太郎同人・・もとい政太郎先生からの問いにならぬ問いに倣い(?)、答えにならぬ答えでお許しください。

 

このリレートーク、一周してみてダレたら終わろうと思っていましたが、もう少し行けそうなので、続けてみます。
と言いますのも、これまで読んでくださっている方から、
もし良かったらこの質問をあの方に!
とお預かりしているお題がありまして、すなわち、

 

『松永忠一郎さま。
あなたが水族館で一番に見たいものは何ですか?』

 

二周目の縛りとしまして、
・原則として前回とは別の人に繋ぐ
・画像も1枚は一緒に上げる
もお願いしてみたいと思います。

 

金子 泰
 

  • カテゴリー:金子 泰
  • 2020年04月16日(木) 13:34
  • -

2020年07月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

アーカイブ

ページトップへ