blg_ttl_21.png

創邦21同人
(五十音順)

  • 今藤 長龍郎
  • 今藤 政貴
  • 今藤 政太郎
  • 今藤 美治郎
  • 金子 泰
  • 杵屋 淨貢
  • 清元 栄吉
  • 福原 徹
  • 松永 忠一郎
  • 米川 敏子

新コンテンツ登場
毎月更新!

2020年10月23日
第17回作品演奏会

thumnail

2020年3月11日
第12回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2019年2月21日
第10回創邦21公開講座
「創作のキモ」

/a>

2017年11月8日
第15回作品演奏会

2017_soho21.jpg

2017年7月21日
第8回創邦21公開講座
「創作のキモ」

kimo_2017.jpg

2016年11月8日
第14回作品演奏会

創邦21チラシ

2016年6月22日
第7回創邦21公開講座
「創作のキモ」

創作のキモ_2016

2015年11月5日
第13回作品演奏会

omote_01.jpg

2015年8月17日
第6回創邦21公開講座
「創作のキモ」

bunner_kimo_201508.jpg

2015年1月7日
第5回創邦21公開講座
「創作のキモ」

2015_kimo.jpg

2014年10月8日
第12回作品演奏会

チラシ

> リレートーク トップページ

リレートーク 11走目

2020.04.20 Monday

外出自粛による事もありますが、今月に入って寒暖の変化が多いので、皆様体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

清元栄吉さんから僕を通じて米川敏子さんへバトンを渡しましたが、またすぐにバトンが回って参りました。
松永忠一郎さんからのお題「寿司でお好きなネタ5つ」、大変悩みましたが僕がお寿司屋さんに行ったと仮定して、食べる順でお答えします。
^…まずは背の青い魚でお腹のエンジンを掛けたいと思います。風味もですが鰯のキラキラ感が大好きです。
勘八…鰯と種類が似ていますが、少し脂が乗っています。若い頃でしたら鰤を食べていましたが、今は勘八のほうが胃にもたれなくて、且つコクがあって好きです。
K鄰罐肇…数個食べるのは重たいですが、食べた時の甘さと口どけ感がなんとも言えず好きです。
ぐ…また背の青い魚ですが、鰯と勘八の中間くらいの脂具合と味の濃さが、中トロに負けない風味があり、ここで食べます。
イ劼發ゅう(細巻)…赤貝のヒモと胡瓜の巻物ですが、ヒモのコリコリ感と胡瓜との相性が抜群だと思います。口がさっぱりします。
こんな感じです。

 

20代でしたら鮪中トロ→鰤→鯵→イクラ→雲丹などと食べていたと思いますが、さすがに今はあっさり傾向になりました。
好きな寿司ネタ5つとは離れてしまいますが、余談として志乃○寿司(これで皆さんわかりますよね)のいなり寿司とかんぴょう巻きが大好きです。
酢飯に甘いものは苦手…という方もいらっしゃいますが、仕事の合間や疲れて帰宅した際に食べた時感じるコクと甘さは、体と心を癒してくれます。
かんぴょうが苦手な方、申し訳ありません…

 

次の方ですが、福原徹さんをご指名させていただきたいと思います。
食べ合わせの良し悪しがありますように、笛(篠笛)と合う楽器は何だと思われますでしょうか?
和楽器・洋楽器を問いませんし、声も楽器ですので日本音楽系の唄・西洋の声楽も含まれます。
複数お答えいただいても大丈夫です。
どのような事で笛と合うなどのお話をしてくださると大変嬉しいです。

 

今藤 長龍郎


追伸
下の写真は、先日家の近くで撮ったものです。
元々八重桜が植わっていましたが枯れた為昨年伐採されてしまいアスファルトで埋められましたが、その隙間から綺麗なカタバミの花が咲いています。
元気をいただきました。

リレートーク 10走目

2020.04.16 Thursday

水族館で見てみたいのは「ミミックオクトパス」です。その名の通り"まねをするタコ"です。
自らの身を守るために擬態する生物はたくさんいますが、このミミックオクトパスはその種類の多さは他に並ぶものは無く、ミノカサゴやウミヘビなどの他何十ものネタを持っているそうです。
おまけに現れた捕食者に対して、それぞれの天敵のまねをして追い払うという、相手の事情まで把握している知恵者だそうです。人間が現れたら何の物まねをしてくれるのでしょうか、見てみたいです。
残念ながら水族館にいるとは聞いたことありません。いまだに謎の多い生物だそうです。

 


ミミックオクトパス「Wikipedia」より


次に今藤長龍郎さんに質問します。
寿司ネタでお好きなのを5つあげてください。のり巻きでも結構です。

 

松永 忠一郎
 

リレートーク

2020.04.16 Thursday

先月末に始めたリレートークが、2週間ちょっとで一周しました!
この企画、もちろんブログを読んでくださっている皆さんに向けた発信ではあるのですが、
実のところ、私自身がそれぞれの家にいる同人たちと離れていながら繋がりたかったので始めたのでした。
皆々様ありがとうございます。

 

私もずっと家におります。
感染しないように、させないように、、どんどん大変なことになっているという医療現場に少しでも負担をかけないように、という気持ちです。
「今日の新規感染者数」は、それが全てではないようですよね。
現状どこまでどうなっているのか、ニュースなど見るのですがよくわかりません。が、以前より救急車の音が頻繁に聞こえてくるのは確かです。

 

ひと月ほど前に話題になったマンゾーニの「いいなづけ」が、うちの本棚の隅の方に上中下巻揃っているのに、数日前気付きました。イタリアの高校の校長先生が休校前に生徒たちに薦めた、あれです。何年か前に買って、そのままになっていましたので、この機会にと漸く読み始めたところです(平川祐弘訳)。
上述の「いいなづけ」、ボッカチオの「デカメロン」、・・今のこの新型コロナのイタリアの被害を思うに、それらの作品に痕跡が残されているペストの大流行がどんなに猖獗を極めたものだったか、そちらの方も気になるようになりました。
文芸、芸能、芸術、そういったものも社会状況と無関係ではなく、日本のものだって、例えば能に感じるある種の肚の座り方は、死と隣り合わせであった時代を知っている芸能であるが故ではないかと思います。

 

翻って私たち、この新型コロナウイルスの世界的流行を経験した私たちがこれから作るものは、好むと好まざるとにかかわらず、やはりその影響を受けるのでしょうが、
コロナ以後、世の中の考え方はどう変わるのだろうか。
その時、伝統芸能はハード面でもソフト面でもどのようなものを用意できるのか。
そんなことも気になるこの頃です。

 

今藤政太郎同人・・もとい政太郎先生からの問いにならぬ問いに倣い(?)、答えにならぬ答えでお許しください。

 

このリレートーク、一周してみてダレたら終わろうと思っていましたが、もう少し行けそうなので、続けてみます。
と言いますのも、これまで読んでくださっている方から、
もし良かったらこの質問をあの方に!
とお預かりしているお題がありまして、すなわち、

 

『松永忠一郎さま。
あなたが水族館で一番に見たいものは何ですか?』

 

二周目の縛りとしまして、
・原則として前回とは別の人に繋ぐ
・画像も1枚は一緒に上げる
もお願いしてみたいと思います。

 

金子 泰
 

  • カテゴリー:金子 泰
  • 2020年04月16日(木) 13:34
  • -

リレートーク

2020.04.13 Monday

好きなのは牛肉です。ステーキはもちろん、切り落とし肉でも十分満足です。薄切りをサッと焼いて大根おろしで食べるのが一番好きです。
葉っぱ類は嫌いです。
葉っぱ類で好きなのは、セロリ、三つ葉、シソ、セリなどです。あとはみんな嫌いです。
根菜類は食べます。
トマトも食べます。
それでも葉っぱを食べなくてはいけないというので、毎朝野菜サラダを食べているのですが、キャベツやレタスを細かく切ってハムなどを乗せた上に、ぼくはインスタントコーヒーの粉を少し振りかけます。
前からスパイス類を振りかけて食べるのを好んでいたのですが、ここのところ気に入って続けているのはインスタントコーヒーです。ちょっとほろ苦くて、味が複雑になります。
騙されたと思ってぜひ試してみてください。振りかけるのは少しですよ。コーヒーの味がするかしないかくらいの量がいいと思います。
 
ところで、この新型コロナはたいへんなことではありますが、明けない夜はないと言います。皆で辛抱しましょう。
ぼくはどこにも出かけず、毎日DVDやブルーレイのコピーをしております。
 
音楽をやったり詩を書いたり演劇をしたり、人の困っていることを一緒に悲しんだり、人の喜びを一緒に喜んだりするのは人間だけだと思います。
大いに憂い、大いに悲しみ、大いに皆で喜びましょう。
このリレートークに限らず、皆でどんどんネットトークを上げませんか?
 
さて、ぼくは金子泰さんに質問をしなければなりませんが、ぼくが生まれてから今日まで出会ってきた最も賢い人の一人ですから、どんな質問をしたらいいのかわかりませんから、ご自分で何か答えてください。
 
今藤 政太郎

 

リレートーク

2020.04.10 Friday

ついに緊急事態宣言の発令となりました。この六週間、今まで何十年も出来なかったことを沢山やりたいと思います。皆々様もお身体にお気をつけてお過ごし下さい❗

 

さて、長龍郎さんの御質問について……
私の良い音の理想像は、箏・地歌三絃では、初代米川敏子の音色です。
珠を転がすような音と言われていました。
しかし、私には全く同じ音色は出せません。骨格、身長、体重、手の大きさ、全てが違い、また音色に一番現れる、性格が違います。
しかし、一番近付きたい理想の音色です。

 

楽器、糸に無理な力を掛けずに全てを響かせることは沢山の条件が揃わないと難しい事ですが、他ジャンルで素晴らしい音色を奏でられる先生方を拝見していると、最善の努力をされた上で全ての条件をコントロールし、更に肩の力の抜けた芯のある美しい響きを出されると思います。
母も、端から見ていると何の力も入れず、いとも簡単そうに難しいパッセージをサラリと弾いているように見えながら、側で顔を見ると、唇はピクピクと震え全身の神経が指先に集中していることが分かり驚いた事がありました。

 

音色は音楽の中でとても大切な要素です。いつまでもこだわりを持って生きたいと思っています。

 

1日も早くコロナが終息へ向かってくれないと、本番が出来ません。私達音楽家は本番があってこそ、こだわりも理想の音色も求めることができるのです。

 

次はリレーの最終ランナー、今藤政太郎同人にバトンをお渡し致します。
先生は今も辛いカレーを召し上がっていらっしゃいますか?
カレーの他のご自慢の好物をお教え下さい。
宜しくお願い致します❗                 

 

米川 敏子
 

2020年09月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

アーカイブ

ページトップへ